業種から選ぶ仕事探しのために。飲食店ホールスタッフの仕事内容を紹介します。

仕事探しスタートアップガイド

ライター

ライター画像 キャリアカウンセラーとして、多くの学生や転職希望の社会人の就職相談を受けています。

飲食店ホールスタッフの仕事内容とはTheme

資格と経験がなくても始められるホールスタッフ

仕事を探していると、有資格者や経験者のみを募集している求人広告をよく見かけます。しかし、そのような条件に合う人はそう多くはありません。大勢いる無資格者や未経験者は、まずは経験がなくてもできる仕事を探して始めることになります。世の中には様々な求人情報がありますが、その中でも特に求人数が多いのが「飲食店のホールスタッフ」です。ホールスタッフは、その仕事をするために必要な資格が一切ありません。未経験者でも仕事内容を覚えるだけですぐに仕事ができるということで、比較的簡単に始められる職業となっています。

ホールスタッフの仕事内容

飲食店のホールスタッフは、レストランやカフェなどでお客様のオーダーを取ることや、完成した料理をテーブルまで運ぶことを主な業務内容としています。この他にも、店内の清掃や備品の補充、レジ打ちをすることもあるため、臨機応変に対応できることが求められます。マニュアル通りの業務をこなすことも大事ですが、ホールスタッフは接客業ですから、お客様に満足してもらえるような仕事を常に心がけなければなりません。常に笑顔でお客様が心地良く店を利用できる環境を整えることが求められ、常に身だしなみが清潔であることも必要です。加えて、お客様が困っていればすぐに対応できるように、周りに常に目を配る必要もあります。飲食店には様々なお客様がいらっしゃるので、その対応に戸惑ってしまう可能性があることも否定できません。しかし、飲食店の品位や格によっては、そこでしか対応することができないお客様にも接することができます。ホールスタッフでしか経験できないことが多い点が、この仕事のやりがいやメリットとして挙げられます。

自然と身に付くスキルは、異業界でも役立てられる

ホールスタッフは、飲食店の運営には欠かせない人材です。ホールスタッフが効率の悪い働き方をしてしまうと、その飲食店の売り上げや評価の低下に繋がります。飲食店では、短時間で効率よく店を回転させ、高い売り上げを作ることが重要です。店の回転率を上げるには、各ホールスタッフがどのように動くべきかを考えながら動き、時には先輩に指示を仰ぎながら効率の良い運営方法を模索することが求められます。つまり、相手が先輩であっても自分の意見をしっかりと伝えることができ、店舗で働くスタッフとの協力もできて何事にも臨機応変に対応できるスキルが必要だということです。もしそれが始めからできなくても、仕事をすることで徐々にできるようになっていけば、接客の基礎や飲食店の運営のノウハウを身に付けることができます。ここで身に付けた経験は異業界でも十分に役立てることができるため、接客業で頑張っていきたいという人はまずホールスタッフの経験をすることも選択肢の一つなのです。

仕事探しに役立つ情報FEATURE TOPICS

画面トップへ

Copyright (C) 2015 仕事探しスタートアップガイド All Rights Reserved.