仕事探し中なら、営業職のやりがいも知っておきましょう。

仕事探しスタートアップガイド

ライター

ライター画像 キャリアカウンセラーとして、多くの学生や転職希望の社会人の就職相談を受けています。

営業職のやりがいとはTheme

やりがいを知り、職業選択の幅を広げる

営業職は、外回りがきつくて大変だという印象を受けます。仕事のノルマを達成しなければならないというプレッシャーがありますし、体力勝負だという点でも事務職とはまた違った業種になります。これだけを見ると、営業職は大変だからなりたくないという考えに行きつく人が多く出てきてしまいます。しかし、営業職は、大変であるということと同時に、とても大きなやりがいを感じることができる職業でもあるのです。営業職の役割と、どのような時にやりがいを感じることができるのかを知ることで、職業選択の幅を広げることができます。人と接することが好きで、人に喜んでもらいたいと思っている人は、営業職も視野に入れることで仕事探しがスムーズに進むようになります。

会社の顔として売り上げに貢献できる

営業職は、会社の売り上げを作ることが大きな役割として挙げられます。いくら優れた商品を開発しても、その良さを伝えて売る人がいなければ商品は売れずに残ってしまいます。会社は作ったものを売って利益を得なければやっていけませんから、営業で多くの人にアピールをして売ってくれる人が必要なのです。営業の際には、「どこの会社の誰」という形で会社の代表者として、最前線でお客様と接することになります。そのため、ただアピールして売ればよいというのではなく、自分がその会社の顔として相手に悪い印象を与えないようにしなければならないことを肝に銘じながら仕事をする必要があります。営業職に就くと、法人や個人への飛び込み営業や電話や店舗で対面しての営業というように、様々な方法で売り上げを伸ばしていくことになります。自分一人でやることもあれば、チームで分担して担当することもあるので、その会社に合わせて働くことが求められます。

営業職のやりがいとは

接客業は、営業職と同じような業種とみなすことができます。営業をするということは、相手と直接話して良さを伝える必要があるということです。そのため、人と接することが大好きだという人は営業職にかなり向いています。もし、人と接するのが苦手ということであれば、毎日の営業回りは辛いものでしかありません。また、営業職は、たくさんのお客様に会って話をすることになるため、人脈も広がりますし、商品を使ってみた感想や感謝の言葉を直接聞くことができます。そのため、多くの人と接したいという人にも営業職は向いています。加えて、相手が喜ぶのを身近に感じることができるというメリットがあるため、相手の喜ぶ顔が見たいという人や、社会貢献をしたいという人にもとてもお勧めの業種なのです。自分のやっていることが相手の為になっているのだと感じながら仕事ができるので、もっと仕事を頑張ろうという気持ちを持ち続けることができます。

仕事探しに役立つ情報FEATURE TOPICS

画面トップへ

Copyright (C) 2015 仕事探しスタートアップガイド All Rights Reserved.