仕事探しのポイント、正社員か、フリーターか?雇用形態の違いを知る。

仕事探しスタートアップガイド

ライター

ライター画像 キャリアカウンセラーとして、多くの学生や転職希望の社会人の就職相談を受けています。

まずは雇用形態の違いを理解しようCategory

フリーターとは?フリーターとは?

フリーターとして生きる人の数は増えています。「正社員が偉い」とでもいうような風潮があるこの日本で、定職に就くことなくアルバイトやパートとして働くフリーターは、あまり良しとはされていません。しかしそれは、フリーターとして働くことのメリットをよく分かっていないからであり、正社員という固定概念に囚われているからです。フリーターには、正社員では手に入れることができない素敵なメリットがたくさんあります。より自由に、楽しく人生を送りたいという人にとっては、心の負担を軽くできるフリーターは、とても価値のある働き方なのです。

正社員ってフリーターとなにが違う?正社員ってフリーターとなにが違う?

正社員はフリーターと比べると、かなり待遇が良くなります。正社員になれれば自分の頑張り次第でより高い地位を手にすることができ、給料も格段に良くなります。そのため、会社のために自分の力を発揮して、周りから認められるように頑張りたい人にはかなり向いています。現役だけでなく、退職してから老後に貰える年金も、フリーターに比べると大きな差が生まれます。しかし、正社員は良いことばかりではありません。一日中働いて疲れているのに残業をしなければならないこともありますし、今住んでいるところを離れて転勤する必要がある場合もあります。そのため、人によっては思い描く将来像に合わないこともあるのです。

派遣社員と契約社員の違いとは?派遣社員と契約社員の違いとは?

派遣社員や契約社員という雇用形態は、労働者と就業先との間で直接の雇用関係があるかどうかが大きく異なります。この契約関係の違いは、労働者に支払われる給与の額や、交通費、福利厚生等の待遇面にも影響を与えます。金銭面では、契約社員の方が優勢にありますが、だからと言って派遣社員にはメリットがないわけではありません。両者の雇用期間は、いつか必ず終わりを迎えます。その時に、派遣社員は派遣会社から次の就業先を紹介されることがほとんどであり、契約社員は自力で次の就業先を探さなくてはなりません。どちらのメリットを優先するかで、選択する雇用形態が変わるのです。

仕事探しに役立つ情報FEATURE TOPICS

画面トップへ

Copyright (C) 2015 仕事探しスタートアップガイド All Rights Reserved.